ご挨拶:2019-20年度会長 江口紀久江

古河東ロータリークラブ 201920年度
クラブスローガン :「つなげる親睦 広がる奉仕」

2019—2020年度RI会長 マーク・ダニエル・マローニーのテーマは、「ロータリーは世界をつなぐ」です。

中村澄夫ガバナーの地区スローガンは「人、学びて更なる奉仕」です。

江口・松本年度のクラブスローガンは「つなげる親睦 広がる奉仕」と致しました。

当クラブは若い会員も増えている中、会員仲間の親睦(手をつなぐ事)が重要であり、奉仕につながるものと考えます。
地区スローガンの「人、」は、人に、人と、人を、人からとあるようクラブ会員の「人、」と親睦をつなぎ活動を共にして参ります。

クラブ事業目標

継続事業の充実化をはかりながら、新規事業をクラブ会員一丸となって成功させるよう・・・
《 新規事業 》

① 財団補助金を使用し、ネパールの学校へ文房具・スポーツ用品の支援(20202月贈呈予定)
② 古河総合病院の病院祭協賛・コスモスプラザ プラネタリウム
③里山保全 桜の木贈呈

《 継続事業 》 

①会員増強 純増目標 (3名) 
②米山記念奨学生の支援(王 シェン)
③情報委員会(いちご会)の定期開催
④会員リレー卓話
⑤職場見学
⑥古河地区 中学校・高等学校での出前講座
⑦古河英語カルタ大会の開催
⑧古河よかんべ祭りでの絵手紙展への支援
⑨ワンディホスピタリティの実施
⑩国際大会への参加 (ハワイ)
⑪国際交流協会主催のウィンターフェスティバルへの参加
⑫ポリオ・ロータリー財団・米山記念奨学会への寄付
⑬水辺の楽校・ライラへの参加
⑭古河地区ローターアクト・衛星クラブの支援・会員増強